TOP

フードバンクゆめみ~るの活動方針

子どもの7人に1人が貧困と言われこれは大きな社会問題です。

北海道のひとり親世帯は45,350世帯で、100世帯当たりの1人親世帯数は10.16世帯で全国で2位の値です。
また、胆振管内でのひとり親世帯は4,742世帯でひとり親世帯に占める母子世帯率86.8%で求めると胆振管内には4,116人のひとり親お母さんがいらっしゃいます。(平成27年国勢調査世帯構造等基本集計より)

このような状況を踏まえ、フードバンクゆめみ~るは、2つのアプローチで子どもの食支援を行っています。

  • ひとり親世帯のお母さん(お父さん)の応援を通して子どもの食支援につなげる
  • 子ども食堂などの「子どもの居場所」活動団体を応援することで子どもの食支援実施と子ども支援の仲間作りを行う

また、フードバンクゆめみ~るは子どもの食支援に加えて「子どもの居場所つくり」活動、子ども食堂と連携した「学習支援」活動の実施を基本方針としています。

フードバンクゆめみ~るの支援対象エリア

登別市、室蘭市に限定して活動を行っています。

  • 胆振管内の方で食材不足で緊急状態ある場合は、登別市、室蘭市以外の方でも対応させていただきます、ご連絡下さい。
  • 電話:090-2878-4567
胆振地図

絆ネットワーク

従来ひとり親世帯の支援活動を担っていた母子福祉会などでは会員の減少が止まらず、これは支援団体とのつながりを持たないひとり親のお母さんが増えているのではないでしょうか。

フードバンクゆめみ~るは、食材支援をご利用頂く保護者さんに絆ネットワークにご登録頂き、「食材SOS」や「パンのパントリー」、「子ども支援プロジェクト」のお知らせをメールやラインでご提供します。
インターネットを介した緩やかなつながりで子育てに頑張っているひとり親お母さん・お父さんをはじめとした保護者さんを応援いたします。

現在、絆ネットワークには登別市、室蘭市でひとり親世帯を中心として300人の保護者さんと600人を超える子どもに登録いただいています。

絆ネットワーク(フードバンクゆめみ~る)への登録フォーム
https://forms.gle/tc9TPC2NwDCkuHZ16

食材支援

食材SOS■

急な出費などに食費を使ったなど食事への不安や心配を感じたときは食材SOSにメールや電話でご連絡してください。
食材を無償でご提供させていただきます。
ひとり親お母さんをはじめとした子育てに頑張っている全てのお母さん、自分の食事を抜いていませんか?
遠慮せずに食材SOSをぜひともご活用ください。

■パンのパントリー■

毎月2回、第1、第3日曜日にご寄贈いただいたパンとその時にある食材を無償でご提供しています。
パンは賞味期限内に冷凍保存し、世帯人数×5個をご提供しています。

子ども支援プロジェクト

夏休みなど長期休校期間中に給食が食べられない事で体重を減らしてしまう子ども達が増えている…そんな状況への支援として全国のフードバンクが食材を無償で提供する子ども支援プロジェクトを実施しています。

フードバンクゆめみ~るも子ども支援プロジェクトの活動に参加し、1人でも多くの子ども達に食材を提供しています。

子どもの居場所と学習支援

フードバンクゆめみ~るは食材支援事業に加えて子どもの居場所作り、学習支援事業を行い子ども支援を行います。

■子どもの居場所作り■

子ども食堂として「かえる食堂」を運営して子どもが安心して過ごせる居場所を提供しています。
また、子ども食堂などの立上げを考える方々に立上げのアドバイスやかえる食堂での体験機会提供、フードバンクからの食材提供などの応援もさせていただいています。

■学習支援■

「プログラミング体験教室」、「ワクワクたのしい勉強会」を開催し子ども食堂と連携したたのしい勉強会作りを実践しています。